スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴでつくろう世界の名建築の日本語版買いました!

以前、買ったよと記事にした「The Lego Architect(レゴでつくろう世界の名建築)」
英語だけど図解のとこはわかるし、買っちゃえーと購入したら、わりとすぐに日語版が出ちゃったんですけど...

語版を買った人達が解説がなかなか良いというので、ちょっと悔しかったんですけど...

先日屋にあったのでパラパラ見たら面白そうだったので我慢できず、やけっぱちで買ってしまいました(笑)

というわけで、同じの英語版と日語版2冊という贅沢な状態になってしまったのですが、結論としてやっぱり買ってよかったなあと思ってます。様々な建築様式の特徴などについていろいろ解説が書かれているのでレゴとは関係なく建築に興味がある人にも面白いと思いますし、レゴ建物を造る人ならこういう基礎知識がわかると作品作りの幅も広がるんじゃないかな。

あと、うちの子ども達が見比べて英語の勉強をしてくれたら望なんですけどね(実際は望み薄ですが)
でもまあ機会を見て誰かと一緒に本で紹介されているモデルを作ってみたいなあと思います。

レゴ好き、建築好きの人にはオススメですよ。
 

そしてこちらのシリーズも高いんだけど、組んでみると納得の美しさですので飾ってみたい人はぜひ。
  


うちにはファンズワース邸とサヴォア邸がありますが、見る度にニヤけてしまう良いセットですよ。
スポンサーサイト

レゴでつくろう世界の名建築

レゴが好きな人の中には建築好きも多いですよね。

我が家にも建築好きは多いので、半年ほど前にこの本を買いました。
16082101.jpg

The Lego Architect (英語)

実在するさまざまな建築様式の建築物の写真、それをレゴで作った作品、一部は作り方も載っています。
今までも英語版のレゴ本をいろいろ買ってみたけど、写真も多いし、作り方も文字がなくてもわかるからと思って買ってみたのですが...


なんと、先月日本語版が発売されました...(-o-;;



日本語版のタイトルは「レゴで作ろう建築の世界」です。
表紙を比べてみるとやはり英語版の方がデザイン的にはキレイなんですけど、

でも、日本語だと解説が読めますよね(-o-;;;

うちにあるのは英語版なので、憶測の範囲でしか言えないのですが、この本には建築様式の変遷や各様式について、いろいろ解説されているみたいなんですよね。結構いっぱい文字書いてあるんですよね...(悲)

うう、読みたい。もう少し待っていれば日本語版を買ったのになあ。
もう少し内容が簡単なら頑張って英語の勉強にとも思えるけど、あまり詳しくない建築についての文章となるとちょっとキツいです。

子ども達も日本語なら少しは理解できるかもしれないのにね。
...思い切って日本語版も買ってしまおうかなあ、と今本気で悩み中です。

まあ掲載されている作り方を参考に組み立てられればよい、というのなら英語版でも良いとは思いますが(日本語版より少しは安いですし)、できればこれから買う人にはぜひ日本語版をオススメしたいです。

  

そして、今、レゴ (LEGO) アーキテクチャー スタジオ 21050」がamazonで今までの最安値¥16,326になっています。
こちらのセットもパーツは白とクリアクリアパーツのみ、更に一流設計事務所監修の分厚いブックが付いて来るというかなり魅力的なセットです。

いつまでこの値段かもわからないので、興味ある方はお早めにどうぞ。
私も昨日からポチるか我慢するか、かなり悩んでます(笑)

こういうとき迷わず買える財力が欲しいなあ^^;;;
amazon


本棚
ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
育児ブログ・ランキング


管理画面

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。