「iPadアプリ 」カテゴリ記事一覧


iPadで子供用の算数系アプリを試してみました

iPadで使える文字の練習系のアプリに続き、算数系のアプリも少し探してみました。
といいつつまた3つだけです^^;;


1 Little MAHT
2 AB Math HD
3 鉄メソッド

まずはLittle MAHT
11020326.jpg

このアプリはすごくシンプルです。足し算の問題が出て答えを入力していくのみ。

11020327.jpg

正解すると「イェーイ!」と褒めてくれます。

11020328.jpg

間違うと「オーッ」っと残念そうな声。この時の母ちゃんの目が吊り上がるのが笑っちゃいます。

11020329.jpg

右上の×印を押すと結果が表示されます。(その場で表示される限りで記録としては残りません)

本当にシンプルなアプリです。
そして答えて行く限り延々と何問でも問題が出てきます。

楽しくてかわいくていいけれど、終わりがこないのは...なんか大人でもツライですね^^;;

設定の画面すらありません。

画面もBGMもかわいい&すごくシンプルなのではじめは年長さんの三男にいいかなと思ったのですが、2桁の計算はまだ無理なのでちょっと残念。一桁+一桁に限定するなどの設定がついていたら幼児向けによかったのになあ、と思いました。


次は幼稚園児の三男も2年生の次男も使えそうなこちら。



AB Math HD というアプリです。
英語表示ですが、これは結構気に入りました。



11020309.jpg

こんな風に計算問題が表示され、下の数字を押して答えを入力します。

11020310.jpg

最後に結果が表示されます。

11020312.jpg

こちらは先ほどと違って四択で回答するモード。

11020313.jpg

こちらも最後に同じように結果表示。


11020314.jpg

ちょっと面白いなと思ったのがこのモード。
数字を書いたビリヤードの玉のようなものが画面上で動いていて、小さい順にタップしていくのです。

11020315.jpg

うっかり押し間違えないように気をつけながらも素早く判断しないといけません。
現在2年生の次男は性格がわりとおっとりさんなのでこういう練習はいいかもしれません。^-^;

11020316.jpg

次男、一生懸命やってます^-^
それから上級モードに設定すると、数字が英語で表示される(oneとか)ものが混ざるので、高学年の子はそれも面白いでしょうね。

11020317.jpg
結果はこんな風に記録に残るので、あとで折れ線グラフにでもしてみると上達度がよくわかって励みになるかもしれませんね。

レベルやメニューを選ぶ事でわりと幅が広い年齢の子供が使えそうな感じでgoodです。



最後はアイコンの新幹線を見て次男&三男が喜ぶかなと軽い気持ちでダウンロードしてみた
「鉄メソッド」 というアプリ

鉄メソッド

電車の絵=おこちゃま向けかと思って軽い気持ちで取ってみたんですが...

ええと、式の+ーなどを入れ替えて答えが10になるようにすればいいのね。フムフム。
ではスタート!
11020330.jpg

なんじゃこりゃ!!
数字が4つもありますよ!!(ToT)

11020331.jpg

ええと、こう?こうかな???(数字に超弱い母 >_< )
ふう。これくらいならなんとか。

11020332.jpg
えええ?なんじゃこりゃ!ゼンゼンワカラナイ!(>_<)
わからないので()とか入れることもできますよのアピールを...^^;;;

むー、あとで落ち着いて見ると、ああそうか-_-;とわかるんですけど、
時間制限があるからって焦っちゃうとダメですねー。

これは、5年の長男向けですね。
長男も数字は苦手だからこれはキツそうだけど、かなり頭の体操になりそうですよ。
有料版では()や÷×を使わないといけないムズカシイ問題が待ってます、だってorz

まずは無料版で三問中一問解けたらヨシ!から初めて、もしも上達したら有料版をね...^^;;;

iphone やiPad向けアプリ、本当にいろんなものがあって手軽に試せて面白いです。

iPadの子供用文字練習アプリを試してみました

webやtwitterを見たり、漫画や書籍を読むのにとっても重宝している初代iPadですが、子供達だって触りたくて仕方が無い様子。なので我が家では一家全員取り合い状態です。
今回は子供向けの文字を覚えたり練習したりするアプリをいくつか試した感想を...

現在5歳の三男向けに文字(ひらがな)の練習ようアプリを適当にいくつか取ってきて試してみました。
と、エラそうに言ったわりには3つだけですけど..^^;;;

1ひらがななぞりLite(無料)
2もじおけいこ(無料)
3モジルート(無料)

別に早くからお勉強させたいという気は更々無いんですが、長男次男が揃って宿題をしているとなんとなく自分も参加したくなるのが下の子です。一緒に並んでパズルをしたり絵を描いたりして満足しているうちはいいんですが、そのうちに「ボクもひらがなのお勉強をする!」とか言い出してしまいます(笑)
まあ、放っておいても勝手にひらがな表を見て覚えてしまうような子はいいんですが(うちの場合、次男がそうでした)自分でできない子は一文字一文字聞きに来るからもう大変ですよ。夕方の忙しい時間にべったり横についていなくちゃいけなくなるんですから(T-T)
それに勝手に覚える子だって気付けばとんでもない書き順で覚えてたりするし。
かといって小学校行くまでやらなくていいと言っても納得しませんし(笑)

で適当に試した中で個人的に一番のオススメは 「ひらがななぞりLite」 でした。

Hiragana Nazori Lite

↓こんなアプリです。


指で点線をなぞって書いていくのですが、正しい場所から正しい書き順で書いていかないと「あれっ?違うかな?」と気付くようなエラー音が出るので書き順も正しく覚えられます。
あまりにも点線からはみだしたりしてもエラー音が鳴ります。

11020305.jpg

まだ初めてでどこから書いたらいいのか全くわからない場合は、画面の左上にある緑の三角の再生ボタンを押すと正しい書き順のお手本が再生されるので、それを見てから書く事ができます。
間違えた場合は消しゴムツールで消せます。その隣の拡声器を持ったキャラを押すと読み上げもしてくれます。

11020306.jpg

書き終わるとちゃんと赤マルをくれます。なんかこれが結構嬉しいみたいです。
しかも、うまくかけたかどうかではなまるだったり、普通の丸だったりするのでつい頑張っちゃいますね。

11020307.jpg

こんな風にお手本からちょっと外れすぎると普通の◯です。

無料版では練習できる文字が「あいうえお」だけですが、フルバージョン(450円)にすると全部の文字が練習できるようです。今のところひらがなだけのようですが、操作感もいいですし、カタカナやABCも同じように練習できたら更に嬉しいなあという感じです。

それと、これはもともとiPhone用(共用かも)なのか、デフォルトだとiPadの画面の真ん中にiPhoneサイズの画面で表示されます。でも右下の[X2]ボタンでこのように画面一杯に大きく表示できるので、慣れないうちは大きいサイズで練習して、もう少し手先が器用になってきたら画面を小さくして小さい字を書く練習もできますね。

似たような練習ソフトで、「モジルート」というのもあります。
11020321.jpg

こんな感じです。

11020323.jpg

こちらは旗を目指してなぞっていくと、うさぎちゃんがついて来ます。

11020324.jpg

乗り物好きの男の子なんかはこっちの方が喜ぶかも。

11020325.jpg

お手本の線が線路や道路になってるところがわかりやすいです。

うちの三男の場合は 「兄ちゃんと一緒に俺もお勉強している感」みたいなのがある方がよかったので「ひらがなLite」のほうがいいかな、と思いましたが、モジルートの方はなぞると自転車や車のアイコンが動くので、まだ勉強を勉強と感じずにより遊び感覚で慣れたい子にはこちらの方がいいかもしれませんね。


「もじおけいこ」はもじ関連でも、書く練習ではなく読みを覚える方のアプリです。
もじおけいこ

こんな画面です。なんか一昔前のパソコンソフト的な色合いですね(笑)
11020318.jpg

画面に50音の表があらわれて、押した文字を読みあげてくれます。
このソフトはいくつかの文字を押して、左下の枠内に 「こんにちは」 のように単語にしてから読み上げることができます。

11020319.jpg

なぜか8種類もの声の種類が用意されていて高い声、低い声やロボットっぽい声とかあり、イントネーションは平坦なので読み上げるとちょっとヘンで笑えます。
どちらかというと、長男や次男がいろんな言葉を声を変えて喋らせてゲラゲラ笑って遊んでいました。

というわけで、実用性よりはネタ系?って感じですが、しかし好きな単語を喋らせることができるし、三男は遊んでいるうちにカタカナも覚えてくれるかもしれませんね。

まあとにかくいろいろありますから、まずは同じようなアプリで評判の良さそうなものの中で無料版のものを取ってきていくつか試してみて、好みのアプリが決まったら有料版を買うといいでしょうね。

こういう電子機器で勉強をするのに抵抗があるという方もいらっしゃるようですが、親が使う時間を管理さえすればあまり問題ないような気がします。
っていうか、逆にこういうアプリを上手に使った方が親子ともにストレスが減っていいような...。
というのは、幼稚園の年中さんとか年長さんの頃に「字が書きたい!」と言い出す事が多いんですよね。とはいえ意欲はあるけどまだまだ覚えられない、ウマく書けないっていう状態になることが多いんですよね。その時に親が根気よく付き合ってあげるのは...はっきりいって結構大変です。ついイライラしてしまったり「今は忙しいから無理でしょ!」ってなってしまう事が多いと思うんですよ。
だから親がついていなくても書き順やお手本を示してくれるこういうソフトを使うとずいぶんストレスが減るんじゃないかなあ。しかも「なんか子供が勝手に遊んでるだけ」みたいな感覚で親子とも気楽にやれるし。
どうせ小学校に入れば誰でもできるのだから、とりあえず小さいうちは子供の意欲さえそがなければいいんじゃないかと今になれば思います。覚え方にも個人差があるので何度やってもさっぱり覚えない子もいるので「遊んでるうちに覚えられた字があればラッキー」くらい気楽に構えてた方が親のストレスにもならないのでいいと思いますよ^-^
(と、長男の時にあまりの集中力の短さと覚えなさにイライラした私が言いますよ^^;;;、でもそのくらいで普通と思ってていいです。ほんと小学生になれば放っておいても覚えますから、よその子が幼稚園のうちからすらすら読んだり書いたりしてても焦らないでね^^;;; )

ほんと、一人目の子育てってどの辺りでヨシとするかっていう基準がわかんないから苦労するんですよね。

iPad sounddropsで遊ぶ



今日はipadネタ。
たまーに子供達に遊ばせてあげるiPad
子供のお気に入りのアプリの一つsounddrops(無料)

sounddrops(無料)


定期的にボールが落ちて来て好きな所に指でピーっと引っぱって棒を作り、そこにボールが当たると音が出ます。って文で書いても全然ですが、やってみるととにかく楽しいのです。

しかし、子供は「ほどほど」という単語を知りません。
画面見てもらえばわかる通り、枠を作ってあり得ない数までボールーを溜め込みます。
絶対うるさいやろ!っていう大人なら限界値超えまくりの状態で5分以上放置しても平気な顔で遊んでます。

「常識」ってのはリミッターですねwww

ちなみにこのアプリ、ほんの少しのお金を払うといろんな音色を選んだり、複数の音色を同時に鳴らすことができるんです。こうなるとテクノやノイズミュージックのライブなら使える感じ。
ほんと、あなどれませんよ。
amazon


本棚
ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
育児ブログ・ランキング


管理画面