「テクニック・仕組み系 」カテゴリ記事一覧


レゴテクニックで「動いて止まる」仕組みを思いついたよ

我が家で一番レゴテクニックが好きな三男君。
今日はこんなものを作ってきました。


IMG_4327.jpg
三男10歳

なんか、すごいメカメカしくてカッコいいけど....
なんだろうこれ?

で、三男に動かしてもらいました。
その動画がこちら



おおおー!すごいじゃない!
と言ってもなかなか伝わらないかもしれませんが、テクニックでパーツでいざ何か作ろう!と思いついても、案外難しくてなかなか思い通りに作れないんですよね。

例えば、ただ単にグルグル回る動きというのは簡単なんですけど、こんな風に止まったり動いたりを繰り返すとなると途端に難易度上がる感じです。

今回はテクニックの本を見ていて「動いて止まる」みたいな目次を見たとたんにパッとひらめいたそうです。
本を見て思いついたけど、仕組みは自分で思いついた!と嬉しそうに言っていました。

いいねー、この調子でどんどんチャレンジして欲しいです。

ちなみに、三男が見ていたのはこのあたりの本です。
  

なんか、すごく値上がりしてますね。この本を買ったのは4、5年前だったと思いますが、1500円ぐらいじゃなかったかなあ(...多分)

五十川さんの本で同じようにたくさんの仕組みが紹介されている本としては以下のような本もあります。
洋書ですが、図解なのであまり問題にはならないと思います。
テクニックで何か作る時に、辞書的に使うと良いかも。
  


テクニックって難しそうだけど気になるなあと思っている人には、入門編としてこれが一番のオススメです。
本とパーツがセットになっているので、買ってすぐに作ってみる事ができるます。




Lego Crazy Action Contraptionsで実際に作ってみた時の記事はこちらです↓

過去記事
Lego Crazy Action Contraptions
Lego Crazy Action Contraptions
Lego Crazy Action Contraptions no3
Lego Crazy Action Contraptions no4 コマ回し機

子供だけでなく大人も頭の体操になりますので、皆さんもぜひチャレンジしてみて下さいね♪

レゴでアザラシの赤ちゃん作ったよ


三男君がまたまた予想の斜め上をいく面白いものを作りました。
アザラシの赤ちゃんです。

テクニックのリモコンとモーターを使い、自分で動かせます。
その動きがなんともジワジワくる感じなのでぜひ見て下さい。



なかなか面白い動きだと思いませんか?
動画の途中の中の動きを見ると、あまりにも効率の悪そうで逆に新鮮です。
大人だとまず構想の段階であっさり排除されそうな方法なので、おおお!そうきたのか!(驚)みたいな感じ。

でも、なぜだかとても生き物っぽい動きなんですよね。

fc2blog_201607170812591d0.jpg

左右の手?(ヒレ?)を別々に動かせることによってアンバランスな感じがして、そこが生き物っぽいのかな?
もしかすると三男のコントロールが絶妙なのかも(笑)

fc2blog_20160717081126f58.jpg


アザラシ本体の造形は少し雑ですが、それでもパッと見でアザラシの赤ちゃんとわかるところは不思議ですね。
モーターが非力なので、あまりパーツ数を増やすと重くて動かなかったりして、いろいろ苦労した結果のこの形のようです。

実は、三男は初めからアザラシを作るつもりだったわけではなく、別のものを作ろうとしたらこんなになっちゃった...と少し困惑した表情で中の部分むき出し状態のものを持って来たのですが、その動きがなんとも意表を突いて面白かったのでツイッターに投稿してみたのです。
すると、レゴ好きのみなさんから、爬虫類っぽいとか、カメみたいだね、アザラシっぽいとかいろいろコメントを頂いて、そこから三男のイメージがまた膨らんだみたい。

いろいろなご意見の中からアザラシを選んだ決め手は、きっと我が家にいるこの子ですね。
fc2blog_20160717081206982.jpg

以前、水族館に行った時に「どうしてもこれが欲しい!!」と三男が譲らず、根負けして買ったぬいぐるみで、今でも寝る時に横に置いて寝るほどのお気に入り♪

自分でも納得の作品ができて大満足な三男なのでした。

ドリルマシーンのギアの仕組みを見てみました

以前レゴ テクニック パワーファンクション・モーターセット 8293の部品を使って長男が作ったドリルマシーンですが、すごくシンプルなものだったのに予想外にいろんな方から褒めていただきちょっとビックリでした。






なんというかすごくシンプルであるというところを褒めて頂いたという感じでして、母も中はどうなってるんだろうなあと思いつつ放置していたのですが、気付けば電源とモーター部分が外された状態で置いてあったのでちょっと見てみました。

13091501.jpg

この白いギアはタイヤにもドリルにも直接は繋がっていないわけで、この下がどうなってるのか?ってこですよね。


で、裏返して見たら...


ほほー、なるほどねえ。こうなってたんだ。
いたってシンプルです。
そして、多分これは一番上の白いギアとこのタイヤを動かすギアの間にもう一つギアがあると考えて間違いなさそうですね。それがドリルに繋がってるんでしょうね。

なるほど、なるほど、なのでした。


レゴのパワーファンクション・モーターセット 8293 には電源ボックスとモーターとLEDのライトが入っているので(あとスイッチも)ほんの少しテクニックパーツやギアなどがあると結構楽しめますよ。
子供でも案外平気で使えちゃいますし。




ギアとかあんまり持ってないという方にモーターセットと一緒に使うのに便利なテクニックパーツがお手軽に手に入ったコレを一緒に買う事をオススメしますよ。モーターセット買う前にこれだけ手に入れても楽しいです。




そういえば、またもやクリスマスプレゼントを悩む時期に入ってきましたねー(笑)

ドリルは男のロマンです。

13072406.jpg
三男7歳

こんなものができてました。デッカいドリルです。しかも先がツインになってます。
ドリル作るのにタイヤを使うとかよく思いついたなあ。
で、一体どういう回り方をするのかな?と期待したのですが、どうも真ん中あたり、ゴムを巻いている部分の一段下の部分だけが回るようです。

要は上の小さなツインのドリルの所だけが一緒にグルグル回るといういたって普通な動きなわけですが...

なんだか無駄にカッコいいじゃない?(笑)


三男が乗り物にも何にでもやたらにドリルを付けるので何でそんなにドリル好きかねえ?と思っていたのですが、うちからもリンクさせて頂いている樹下ブロのjugebloさんから素晴らしい名言を頂きました。

ドリルは男のロマンです

そうか、そうだったのか。

なんだかものすごく納得してしいました(笑)



三男は2年生になった今でもかなり夢見がちなので、これからもどんどんロマンを追求していって欲しいと思います。

樹下ブロさんはレゴテクニックを使ったマシンやカッコイイロボットなど凄い作品ばかりなので興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね。


基本セットには入っていない大きなタイヤもいろんなサイズがあるんですねえ。全部同じかと思ってたら微妙に違うし。

レゴテクニックでまたもや変形車


三男7歳

最近、テクニックパーツを使ってもあまり兄ちゃん達に止められなくなった三男はまたもやこんなものを作っていましたよ。


13020202.jpg

中央が回転してビヨンと伸びたり...


13020203.jpg

こんな風に椅子型になったりします。


13020204.jpg

このちょっと変わったパーツは「レゴ ニンジャゴー ヘビヘビ・トラック 9445
」についてきたパーツです。




黄緑のトラックではなくニンジャが乗っている小さいスクーター系の乗り物に使われていましたよ。

13020205.jpg

テクニックはこんな十字の筋が入った軸をよく使います。赤いのはブッシュと言ってこれもよく使います。

13020206.jpg

こんな風に穴に通して

13020207.jpg

反対側もブッシュで止めたら


13020208.jpg

こんな風に動かせますよ。


13020209.jpg

こんな風にして簡単にレゴが動くんですね。
テクニックのセットだけではなく普通のレゴのセットにもこんなパーツがちょこっと使われてる事もありますが、こんな風にわりと簡単に使えます。
レゴテクニックではこの他にギアのパーツもよく使いますが、ギアの方がちょっと難しいかな。

まあ子供の方があまり深く考えずに自然と使い方をマスターしていくようです。


レゴテクニック入門としてはこれがオススメです。作り方が書いてある本にテクニックのパーツが付いているのでお手軽ですよ。


Lego Crazy Action Contraptions
amazon


本棚
ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
育児ブログ・ランキング


管理画面