レゴテクニックで「動いて止まる」仕組みを思いついたよ

我が家で一番レゴテクニックが好きな三男君。
今日はこんなものを作ってきました。


IMG_4327.jpg
三男10歳

なんか、すごいメカメカしくてカッコいいけど....
なんだろうこれ?

で、三男に動かしてもらいました。
その動画がこちら



おおおー!すごいじゃない!
と言ってもなかなか伝わらないかもしれませんが、テクニックでパーツでいざ何か作ろう!と思いついても、案外難しくてなかなか思い通りに作れないんですよね。

例えば、ただ単にグルグル回る動きというのは簡単なんですけど、こんな風に止まったり動いたりを繰り返すとなると途端に難易度上がる感じです。

今回はテクニックの本を見ていて「動いて止まる」みたいな目次を見たとたんにパッとひらめいたそうです。
本を見て思いついたけど、仕組みは自分で思いついた!と嬉しそうに言っていました。

いいねー、この調子でどんどんチャレンジして欲しいです。

ちなみに、三男が見ていたのはこのあたりの本です。
  

なんか、すごく値上がりしてますね。この本を買ったのは4、5年前だったと思いますが、1500円ぐらいじゃなかったかなあ(...多分)

五十川さんの本で同じようにたくさんの仕組みが紹介されている本としては以下のような本もあります。
洋書ですが、図解なのであまり問題にはならないと思います。
テクニックで何か作る時に、辞書的に使うと良いかも。
  


テクニックって難しそうだけど気になるなあと思っている人には、入門編としてこれが一番のオススメです。
本とパーツがセットになっているので、買ってすぐに作ってみる事ができるます。




Lego Crazy Action Contraptionsで実際に作ってみた時の記事はこちらです↓

過去記事
Lego Crazy Action Contraptions
Lego Crazy Action Contraptions
Lego Crazy Action Contraptions no3
Lego Crazy Action Contraptions no4 コマ回し機

子供だけでなく大人も頭の体操になりますので、皆さんもぜひチャレンジしてみて下さいね♪

レゴでつくろう世界の名建築

レゴが好きな人の中には建築好きも多いですよね。

我が家にも建築好きは多いので、半年ほど前にこの本を買いました。
16082101.jpg

The Lego Architect (英語)

実在するさまざまな建築様式の建築物の写真、それをレゴで作った作品、一部は作り方も載っています。
今までも英語版のレゴ本をいろいろ買ってみたけど、写真も多いし、作り方も文字がなくてもわかるからと思って買ってみたのですが...


なんと、先月日本語版が発売されました...(-o-;;



日本語版のタイトルは「レゴで作ろう建築の世界」です。
表紙を比べてみるとやはり英語版の方がデザイン的にはキレイなんですけど、

でも、日本語だと解説が読めますよね(-o-;;;

うちにあるのは英語版なので、憶測の範囲でしか言えないのですが、この本には建築様式の変遷や各様式について、いろいろ解説されているみたいなんですよね。結構いっぱい文字書いてあるんですよね...(悲)

うう、読みたい。もう少し待っていれば日本語版を買ったのになあ。
もう少し内容が簡単なら頑張って英語の勉強にとも思えるけど、あまり詳しくない建築についての文章となるとちょっとキツいです。

子ども達も日本語なら少しは理解できるかもしれないのにね。
...思い切って日本語版も買ってしまおうかなあ、と今本気で悩み中です。

まあ掲載されている作り方を参考に組み立てられればよい、というのなら英語版でも良いとは思いますが(日本語版より少しは安いですし)、できればこれから買う人にはぜひ日本語版をオススメしたいです。

  

そして、今、レゴ (LEGO) アーキテクチャー スタジオ 21050」がamazonで今までの最安値¥16,326になっています。
こちらのセットもパーツは白とクリアクリアパーツのみ、更に一流設計事務所監修の分厚いブックが付いて来るというかなり魅力的なセットです。

いつまでこの値段かもわからないので、興味ある方はお早めにどうぞ。
私も昨日からポチるか我慢するか、かなり悩んでます(笑)

こういうとき迷わず買える財力が欲しいなあ^^;;;

初フレンズ! 遊園地"ホットドッグカー41129を作ったよ

男子ばかりのため、今まで購入を拒否られ続けてきたフレンズシリーズ。
とある理由でとうとう買っちゃいました。

記念すべきフレンズ1セット目はなんと...


16071702.jpg

遊園地"ホットドッグカー 41129 です。

え...?

よりにもよって、わざわざこれ?? って今思ったでしょ?

そうなんです。
車に突き刺さってるソーセージとホットドッグの被りものミニフィグのせいで、もうネタにしか見えないようなこのセット。見た瞬間に完全にスルー予定のセットでした。

しかし、ワケあって子ども達に相談せず母の都合で勝手に買っちゃいました。
理由は後ほどということで、早速開封してみます。

16071703.jpg

中身はこんな感じです。さすがフレンズ、ピンクは水色といった今までうちにはなかったカラフルなパーツが目立ってます。
シールもあるけど多分貼らないなあ(もともとシールは貼らない派)

ということで、組み立て開始。

16071704.jpg
まずはミニフィグ。
お店の女の子と、もう一人は男の子だったのね。
なるほど、さすがに女の子をイロモノ担当にするわけにはいかないから男の子だったのかな?(笑)


16071705.jpg

そして、この少年がホットドックの被り物担当です。
カツラをのけてかぶりますが、顔の向きに注意しないとこんなヤバいことになっちゃうので注意。

16071706.jpg

お店の前のスツール。
写真のように上下逆に向きに組んで、タイルパーツで蓋をする感じです。
このレゴの裏(下?)側に付けることができるタイルパーツは、裏面が普通とは違うんですよね。
右の白いタイルが普通のタイルパーツ、左のベージュが裏面に付けられるタイルパーツなので、これで見分けが付きますね。


16071707.jpg
その後は、インストを見ながらどんどん組み立てていきます。
当たり前だけど、普通に車を組み立てていく感じです。
オレンジのクリアパーツはあとでグリルの炎になります。


16071708.jpg

でもこの裏面、ここ特に見えるわけじゃないのにピンクなのねー。
ピンクのパーツが多い方が女の子は嬉しいからなのかな?


16071709.jpg
ホットドッグのパンっぽい形になる部分はこんな感じで横にくっつけます。

まあこんな感じで組み立てて...

16071715.jpg

完成です!
出来上がってみると思った程にはイロモノなせっとでもなく、赤やピンクがカラフルでカワイイです。

ホットドッグカーの左手前の白いものは看板で本当はシールを貼るのですが、我が家ではシールは貼らないで使い回すのでそのままです。右にもカメラとミラーと観光地によくある顔の部分に穴が飽いてる撮影ボードがありますが、こちらもシールなしなのでちょっとわかりにくいですね。

16071710.jpg

カウンターにあるレジのパーツはシールではなくプリントパーツですが、これも可愛らしいピンク色ですね。


16071711.jpg

それからこのホットドックも新パーツ。こんな風にパンとソーセージが分かれます。
このパンのパーツはまた何か全然別のことに使えそう。


16071712.jpg

そして車の裏側はこんな感じになっています。
ハシゴを登ると2階で食べることができるのね。


16071713.jpg
ゆったりくつろげる座卓タイプです。

そして、この2階の縁のベージュのパーツ。
実はこのパーツが欲しくてこのセットを買ったんですよね。
このパーツ、この前から作りかけの路面電車に使えるんです♪
しかもこの珍しい形のパーツが一度に5つも手に入るとは!
パーツショップで買わなかればダメかな、と思っていたところだったので超ラッキーでした。

ということで、早速バラして使わせてもらおうと思ってますが、それ以外にも珍しい色が手に入ったのでまたどこかで使いたいな。

そして、おまけ。
16071714.jpg

とりあえず完成したので置いておいたら翌日にはこんなことに..。

おいおいコワイよ。こんなことしたのは誰?
...ってまあこんな事するのは誰かさんでしょうけどね(笑)


遊園地"ホットドッグカー41129、8/14現在amazonでなんと40%引きの3218円でなかなかお買い得ですよ。
ジェットコースターはなんと45%off!その他のフレンズ遊園地シリーズも同じく40%以上の値引きです。欲しい人はいまのうちにどうぞ!
(下のリンクの価格は変動します)

  
amazon


本棚
ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
育児ブログ・ランキング


管理画面