スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんご飴

買い物に行ったスーパーでふと目に入ったもの
姫リンゴ1パック98円に半額シール...えっ?安っ!
ちょうど夜店で売ってる小さいりんご飴のサイズだなあ、やったことないけど作ってみよう!りんご飴!

ということで買ってしまいました。
子供達と一緒に作れるかな?と思い、テーブルの上でIHの卓上コンロを使ってやってみることに。


飴が大量に残るのも嫌なので小さめの鍋にしてみました。
分量はネットで適当に調べた量で。実際やってみるとものすごい大量の砂糖投入ですね。
すぐに飴になるかと弱火でビクビクしながら様子を見てましたが、案外時間はかかりました。

リンゴは割り箸半分にして刺しておきました。



飴状になってきたところでリンゴ投入。
が、飴状になってからは結構どんどん固まって行くので大慌てでの作業になっちゃいました。
始めるまえのイメージとしては子供達ひとりずつが順番にトプンとつけて...みたいなのどかな感じかと思ってたんだけど、実際は飴って130℃にもなってるし、楽しみすぎて興奮状態になってる子供達に一斉にやらせるのはちょっと心配な感じ。
ってことで、結局途中からは母が大慌てで飴つけて、長男が発砲スチロールの板に刺していくという流れ作業になりました。

出来上がりはこんな感じ。


飴が余ったので強引にみかんにもつけてみました。
色は奇麗です(笑)
お味のほうもまあ当たり前ですが、ちゃんとりんご飴の味がして(笑)おいしかったです。
もちろん子供はめちゃくちゃ喜びました。
でも、ぐるぐるまわして分厚く飴がついたものは固くて歯がたたなくて大変。
飴はさっと薄く付けたほうがいいと思います。

それから、食べやすさを重視するなら小さく切って楊枝に刺せるくらいの大きさにするほうがいいですね。
姫リンゴでも丸ごとだと(しかも飴つけすぎだったので)、小さい子には始めの一口がちょっと大変。^^;
まあ今回は見た目重視で、どうしても丸ごとがやってみたかったので。

あとは...終わったあとの鍋には飴がこびりついてえらいことになってしまいました。
今回は実家でやったので、ばあちゃんに押しつけて逃げ帰ってきましたが、あれを片付けるのが大変そうだなー。
あの鍋についた飴はどうやってのけるのがいいんでしょうかね?
ご存知の方がおられましたら是非是非教えてくださいませ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


amazon


本棚
ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
育児ブログ・ランキング


管理画面

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。