スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんの顔


三男4歳

幼稚園の参観日の時の三男からのプレゼントです。
おかあさんの顔をかいた首飾り。

この日は、子供がおかあさんの首にこれをかけてくれたら、お母さんはみんなの前で子供の1年頑張って来たことや、成長ぶりを褒めてあげるということだったのですが、自分の番が来た三男はこれを首にかけてくれた後、さっと母の後ろに隠れてしまいました。

あとで、なぜ後ろに隠れたの?と聞いたら「恥ずかしかった」と。
何が恥ずかしかったのかよくよく聞いてみると「だってね、しっぱいしたから」って。

なんと、この母の顔が失敗してしまって恥ずかしかったんだそうです。
10031002.jpg
以前幼稚園の先生が言い当てたとおり、三男は本当に絵とか工作とか「もっと上手にできなくては恥ずかしい」という意識が強いんだなあと改めて再認識。多分兄が2人もいるせいで、本気で自分も兄ちゃん達と同じくらいできるつもりなんでしょう。
もし長男なら同じ絵でもニッコニコで「俺って上手ー!」と自画自賛するはず。
それぞれ善し悪しはありますが、まあとにかく三男も「俺ってすごい!」と言いだすまで褒めまくった方がよさそうだなあ...。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


amazon


本棚
ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
育児ブログ・ランキング


管理画面

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。