スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“レゴブロックでうごくロボットはくらんかい”



7/30(土)、とうとう香川県の高松市でレゴエデュケーションのイベントが始まりました。(詳細はこちら
四国でこんなレゴイベントが開催されることは滅多に無い...というか初めてのことです。
しかも、なんと30日には数々のレゴレクニックの本を出版されている五十川芳仁(いそがわよしひと)さんの“レゴブロックでうごくロボットはくらんかい”というワークショップがあると知っては行かないわけにはいけません。

お隣のミカンの国より張り切って行ってきました!

会場は高松駅近くのサンポート高松。
11073002.jpg

手前は高松駅。左奥の高い建物が会場です。
しかし、なんだ?この高松の都会っぷりは...。
お隣なのにこんなに違うなんて。実は国道ですら香川に入ったとたん立派になるんですよね(-_-:)
これはもう、みかんの国は真逆の方向で徹底的に古さと田舎臭さを最大限アピールした方がいいなあ。


五十川さんのワークショップは1Fの四電プラザで午前と午後の2回行われました。
11073017.jpg

我が家の3兄弟はワークショップの抽選に外れてしまっていたのですが、会場がわりとオープンなスペースで見学しても大丈夫そうだったので、午後の2回目は保護者の方に混じってしっかりとお話を聞かせて頂きました。ああ、行って良かったー(^-^)

11073018.jpg

当たり前のことだけど、本物の五十川さんです(笑)
レゴの事、テクニックのこと、ロボットの事などを子供達にとてもわかりやすく説明してくれました。

そしてそのあとは五十川さんの作ったいろんなロボット達とのふれあいタイム。
11073019.jpg

こんな感じで自由にロボットで遊んだり手に取って見たりできます。


途中で次男が「カメラ貸して!」とやってきて、必死でロボット達を撮っていたので^^;;
全てではないのですが、順番に紹介していきます。

まずはセンサーで黒い線をたどっていく系のロボット達です
11073021.jpg

こちらは小回りがきくタイプ。

11073022.jpg

こちらは歩き方が虫っぽいからか子供達に大人気でした。
みんな会場でもらったスタンプラリー用のカードを持っていたのですが、これで黒線を隠してわざと脱線させるという遊びをしつこくやってましたね。

11073026.jpg
11073025.jpg

こちらの2つはモーターを使わずゴムだけで動くタイプ。
結構早く走るのでビックリ。
うちの子達、まずは手持ちのパーツで作れそうなこの辺の車をマネして作ってみそうだなあ。

11073023.jpg

こちらは空気の力で走るタイプ。
言葉だけで2空筒とか聞いても子供だと聞き流してしまいそうだけど、こうやって実物を見ながらだとしっかり頭に入りますよね。

11073024.jpg

次男は今まで見た事がないこのパーツが珍しかったのか真剣な表情で激写してました。


11073027.jpg
こちらは色を見分けるセンサーを使ったロボット。
三男はとにかくこれが気に入ってしまい、最初から最後までずーっとここに張り付いてました(笑)

11073028.jpg

赤の車を載せると、赤の坂道まで行って車をおろします。
子供達は初めはビックリしていましたが、そのうち仕組みがわかってくるとセンサーを隠してみたり、運転手さんの緑の帽子を被ったミニフィグを載せてみたり、2台同時に車をのせるとどうなるか試してみたりとまあいろんな事をやってました。


11073031.jpg

こちらは大きな車輪をリモコン操作して走らせるロボット。
右と左のタイヤを別々に操作できるようになっていて、片方だけ回して回転したりできます。

11073032.jpg

が、これも男の子達は普通に動かすだけでは終わりません。
一人の子が「新しい動かし方!」と言って2本のタイヤをガシッと手で押さえて固定し、リモコンを動かすと本体がグルングルン回っちゃって...みんなで喜んでました。

いや、それは大人は思いつかないよ、ホントに。


11073029.jpg

最後に二足歩行ロボットです。
これはすごい。
あちこちギアやら何やら動いて複雑な作りだけど、たった1つのモーターだけで動いているそうです。
って本当はよくわかってないんだと思うけど...たぶんスゴイ事なんだと思う。
こんなの考えながら作るの楽しそうだなあ。

こんな感じでもう楽しくて楽しくて。
これらは全て五十川さんが持って来てくれたものなので、今日しかお目にかかれないロボット達でした。

今回特に強く思ったのはやっぱり実体験ってすごく大事だなということです。
今日もあちこちで子供達がロボットに対していたずらというか、大人からすればいらんことをしつこくやっていましたが、あの経験がすごく大事なんでしょうね。みんな頭の中で「もし、これをやったらどうなる?」みたいな好奇心がどんどん沸き上がってたんだと思います。
その時に頭の中で考えるだけではなく、その場で実際試せるっていうのは本当に大事なことなんだろうな。
例えば虫を捕まえて動きを見たことがあるから虫っぽい動きを試せるんだろうし、できるだけ多くの実体験を積み重ねていけるように手助けするのが大人の役割なんだろうなあ。

そんな事を考えました。

レゴテクニックを知らなかった子が「どこに行ったら買えますか?」と質問したり、「俺もこんなロボット作りたい!」という子がいたり、みんなとてもいい刺激を受けたんだろうなー。なんか嬉しいな(^-^)


そういえば、会場には五十川さんの著書の見本も置いてありました。
見本だけで販売はしてなかったけど、もしあの場で売ってたら多くの人が買ったんじゃないかなあ。
ネットでの買い物に不慣れなお母さんもわりとおられますし、普通に本屋さんに並んでいる本ではないだけにもしも可能ならその場で買えると嬉しいんじゃないかなあと思います。

そうそう、次男はしっかり家から本を持って行ってサインしてもらいました。よかったねー。
11073040.jpg


いやー、本当に充実した時間を過ごせて幸せでした(^-^)


五十川さんありがとうございました。
そして、このイベントの事を教えて下さったつくばレゴサークルブログの matk さん、本当にありがとうございました。


会場の他のブースについては次回に。



レゴテクニックで参考になる仕組みがいろいろ載っている五十川さんの本(amazonへリンク)

関連記事

コメント

No title
こんばんは^^
これは凄い。
こんな素敵なイベントが近くで開催されたら、
うちの息子だったら狂喜乱舞ですよ。
お子さん、貴重な体験をされましたね。
続きも楽しみにしています^^
Re: No title
ものすごく楽しかったです^-^
覚悟したとおり朝10時~閉館の18時までみっちり遊んできました。
身体は疲れたけど気持ちはウキウキです。

関東はこういう楽しそうなイベントがいっぱいあるから、Imoonさんもこれからいろいろお出かけすることになるでしょうね。^-^

コメントの投稿

非公開コメント


amazon


本棚
ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
育児ブログ・ランキング


管理画面

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。