スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮博物館(愛媛県立美術館)に行ってきました

昨年夏から秋にかけて東京で開催された庵野秀明館長の特撮博物館。
今月から地方巡回開始しました。第一弾はなんと愛媛県美術館!
巡回するとしても大阪か広島、福岡あたりまでは出かけて行かなきゃだめだろうなあと思っていたのに、橋を渡らずに見に行けるとはなんたるラッキー!

ということで、早速行ってきました。


ロビーにさっそくこんなセットが!
13041314.jpg

ここは撮影可ということでパチリ。

通常の企画展は1階で行われるのですが3/31まで手塚治虫展をしていたのに特撮は4/3からだったので、2日間で手塚展の撤収&特撮の設置ができるんだろうか??と勝手に心配していたのですが、今回の特撮博物館は2F全フロアを使い、常設展が1Fになってました。なーんだ心配して損したなあ。
というか、そうじゃないと間に合うわけないわね^^;;

入って初めの部屋に昔の特撮で使ってたアイテムなどの展示、次に例の「巨神兵東京に現る」の上映、メイキング映像や解説、ジオラマという流れでしたが、巨神兵の映像からあとが俄然テンション上がる感じです。

そういえば廊下でお父さんに抱っこされた小さな女の子が号泣してたんですけど、あの映像見てビックリして泣いてたのかも。上映してた部屋のすぐの前だったし^^;;;

13041315.jpg

最後のジオラマブースです。ここは撮影OKだったのでこれから行く人はぜひカメラを持って行くことをオススメします。その方が楽しいと思いますよ♪


13041316.jpg

こんな感じの町並みが。背景の雲も絵だとは思えませんし、もういろいろ凄い!

そして、この上写真↑の左の方に写っている木の箱のようなもの。
これが何かというと...
13041305.jpg

あの箱の中がこの部屋なんです。
すごいわー、すごく小さいのに本物みたいだわー。

13041306.jpg

しかもよく見たらテレビの画面がご丁寧にローカル対応してました。


13041301.jpg

こんな所も!芸が細かいです。

13041302.jpg

同じ建物でもこんな感じで撮ったら本物みたい。

13041303.jpg

規模は東京展と比べてどうなんでしょうね?ほぼ同じぐらいのものが来ているらしいという話も聞きますが、本当のところがどうなのかは両方見た人に聞かないとわかりませんよね。でも実際に見てみて十分に満足できたので、興味がある方はぜひ足を運んでみて下さいね。

おそらく東京に比べれば見に来る人の数が圧倒的に少ないのだろうから、ものすごく快適に見られますよ。

13041308.jpg

そうそう、途中で子供達が「変な人形?がいる!」と言い始め...

13041309.jpg

ここにもいる!と子供達があちこちを探し始めました。

13041310.jpg

ビルの看板。どうも地元ローカル局のキャラクターみたいです。

13041311.jpg

ここにも


13041312.jpg

こっちの看板にも。


13041313.jpg

あちこちにいるので気が向いたら探してみて下さい(笑)

まだ始まったばかりでこれから行く人も多いと思うので細かいことは書きませんが、とにかくオススメです。そして特撮は見るより作る方が絶対に楽しいに違いない!と思いました。
子供達と一緒にいろいろ真似して作ってみようかな。


この巡回展、愛媛県立美術館では4月3日~6月23日まで開催されています。

ぜひぜひ足を運んでみて下さいね。

それから、1Fの常設展では平成24年度新収蔵品展もやっています。特撮の後でこちらも見られるので余力があれば除いてみて下さいね。福井江太郎氏のダチョウの絵もありますよ。






ちなみに会場ではパンフレット2冊セットが2700円、ガチャポンは1回500円でした。
関連記事

コメント

なんてこった・・・
こんなのあったんですね!
東京開催見逃してました・・・。
愛媛でやってくれるのに今回帰省しないし・・・。
残念無念;;
Re: なんてこった・・・
そうなんですよ。でも東京は激混みで入場制限まであったみたいだから、見に行くのもそれなりに大変だったかも。
こちらでは....めちゃめちゃゆったりと堪能できます(笑)
愛媛の次は11月から新潟みたい。
いろいろ回って最後にもう一回東京とかになったらいいのにね。

コメントの投稿

非公開コメント


amazon


本棚
ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ
育児ブログ・ランキング


管理画面

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。